中国南方航空

【中国南方航空】機内食に期待してはいけない。機内サービスまとめ

中国南方航空について書かせていただきます。

今回は、名古屋→広州行き(CZ380便 名古屋発上海経由広州行き)の、

・機内食

・座席

をメインに、機内サービスについて紹介します。

結論から言うと…

「まぁ… 安いからさ、仕方ないよね…。」

という感じです。

この記事を読まれる方で、

・機内食→食べれればOK!

・座席→Amazonのタブレット、読書で時間潰すよ!

という方、その心意気なら問題ないので、戻るボタン押してもらって構いません。

(読んで欲しいけどね!)

もうここまで読んで、何かを察した方へ。

中国南方航空は、期待して乗らない方がいいよ!

機内食の見た目が悪い

機内食は、

・名古屋→上海(経由地)

・上海→広州

までで、各1食ずつ食べることができます。

先に言っておきますが、味は普通です。

見た目は悪いけど、問題なく食べられます。

名古屋→上海(経由地)の機内食

こちらが、名古屋→上海までのフライトにて、提供される機内食です。

果物・お蕎麦・納豆は、いたって普通なオーラを放っております。

ところが… ご飯が、、おいしそうに見えません。

(何度も言いますが、味は普通です。)

ご飯の中に、謎の葉っぱも入ってました。(ご飯中央下)

そして、謎の黄色い塊

こちらの、黄色い塊は、シュウマイです。

シュウマイに、玉子焼きがくっついてる感じでした。

散々言いましたが、お蕎麦はとても美味しかったです。

めんつゆも付いています。

上海→広州の機内食

うーん…。 コメントに困る。

箱の中に、ポンポーンと、放り込まれた感の否めない雰囲気です。

その、、個人的には、中国南方航空は嫌いではなくて、むしろ好きなんですよ。

広州にて、ホテルの無料宿泊サービスで、お世話になっていますから。

何が言いたいのかといえば、わざと悪く撮っているとかではなくて、「箱を開けたらこうだった…」という状態を撮影しています。

前置きが長くなりましたが、解説に入ります。

こちらが、ご飯です。

ナスのお料理と一緒に入ってます。

見た目は、良くないのですが、味はおいしいので、ぜひ食べてみてくださいね。

こちらが、リンゴのドライフルーツです。

カサカサに乾燥した、小さなリンゴのお菓子です。

続いてこちら。

激辛の味がつけてある、ゴボウか何かの食べ物です。

写真の通り、ご飯を食べ終えてから食べましたが、超絶辛いので、ご飯と交互に食べることをお勧めします。

これは、普通のヨーグルトです。

日本に売ってるヨーグルトと、味は同じです。

これは、豆と人参、きくらげです。

味付けは薄くて、素材そのものの味という感じです。

最後にバナナです。

特に言うことはありません。

エコノミークラス 座席は狭くてモニター無し

驚いたことに、映画や音楽を楽しむ、モニターがありません。

座席は狭いですが、深く腰かければ、問題ありません。

「えっ?モニター無いの!?」

って思った方。

あります。

天井についてます。

離陸・着陸の際は、折りたたんであり、飛行中に映像が流れます。

高級車のコマーシャルや、アフリカの動物の映像が流れていました。

字幕は、英語と中国語です。

感想 機内食で納豆は良くないと思う

※個人の感想です。

一通り、写真と共に書かせていただきました。

ツイートもしましたが、機内食で納豆はいかがなものかと思います。

海外では、嫌いな人も多い納豆を、狭いエコノミークラスで出すのは、キツイですね。

日本でも、あまり評判の良くない中国南方航空。

日本人以外の評判も、下げてしまっている気がします。

まとめ 機内サービスに期待しなければOK

・機内食→食べれればOK!

・座席→Amazonのタブレット、読書で時間潰すよ!

という心意気でしたら大丈夫です。

逆に、そういう心意気でないと楽しめないと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

CZ380便、上海乗り継ぎ時の注意点もまとめてあります。

配布される『案内の紙』だけでは、理解不能な点も多いので、目を通しておくと安心ですよ。

【中国南方航空】CZ380上海経由便 乗り継ぎの注意点まとめ 名古屋(中部国際空港)→上海経由→広州という流れの中の、上海にて行う手続きについて説明します。 中部国際空港のチェックイン...

おしまい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA