お得な情報

【Uber Eats】配達員が現金払いに対応してみた結果!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員として働き、仕事にも慣れてきたので、現金払いにも対応してみました。

この記事では、現金払いに対応した結果、

  • 依頼がどのくらい増えたか?
  • 用意した金額(小銭の枚数など)
  • 現金の入れ物
  • アプリの設定方法
  • 現金払いの対応・未対応の使い分け

についてお話します。

 

結論から言うと、

『依頼は3割くらい増えました。』

依頼がたくさん来る=売り上げも伸びる!という結果に繋がります。

とはいえ、小銭を数えるのは、煩わしいのも確かです。

ブーストの倍率が高い日を除いて、基本は未対応でも良い気がしました。

Uber Eatsで配達員が現金に対応すると依頼が増える

先日、12回配達した内の4回が現金払いでした。

この日はブースト倍率が2.0の時間もあったので、おいしく稼ぐことができました。

とはいえ、『現金払いか否か?』を確認しないといけないので、煩わしくも感じました。

現金払いに対応する前に用意した金額は1万3000円くらい。

  • 1000円 ×10枚
  • 500円  ×2枚
  • 100円  ×20枚
  • 50円 ×5枚
  • 10円 ×20枚
  • 5円  ×5枚
  • 1円  ×20枚

という感じでスタートしました。

ちょっと少ない気もしましたが…。

5の数字のお金は無くても良い

極端な話をすると、

5000円

500円

50円(用意しなくて良い)

5円

これら、5の数字のお金は、用意しなくても良いと思ってます。

多く用意するのが大変だし、1の数字のお金(10円・100円など)を多く持っていれば事足りるからです。

中でも50円玉は、あえて用意する必要はないと思っています。

理由は、100円玉と見間違えるからです。

用意するのであれば、コインケースがあると便利ですよ。

現金の入れ物はファスナーポーチやコインケースがおすすめ

現金はファスナーポーチに入れています。

あまり小銭を入れ過ぎると、ジャラジャラうるさいので、コインケースも持っています。

現金を何に入れるか?迷っている人のために、ファスナーポーチとコインケースのメリット・デメリットを比較してみました。

 

ファスナーポーチ

メリット

  • お金の出し入れがしやすい
  • かさばらない
デメリット

  • 銭が重なっていて探しにくい
  • ジャラジャラ音が鳴る(不用心)

出し入れがしやすい反面、小銭が重なって見つけにくいのが難点…という感じです。

とはいえ、使い勝手は良好です。

ファスナーポーチを使うのであれば、上述したように、『5の数字のお金』は入れない方が無難です。

コインケース

メリット

  • 硬貨の不足に気づきやすい
  • 枚数を数えやすい
デメリット

  • かさばる
  • 持ち運びに不便

コインケースがあると、硬貨の不足に気づきやすいのが最大のメリットです。

ファスナーポーチだけだと、現在いくら持っているか?把握しにくいからです。

かさばるので、ズボンのポケットに入るサイズで、よく使う硬貨(10円玉など)のみ持ち運ぶのが良いと感じました。

 

Uber Eats ドライバー向けアプリを現金払い対応にする設定方法

  1. ドライバー向けアプリを起動
  2. 『乗車の予定表』の画面右下のマークをタップ
  3. 「現金払いを受け付ける」をオンにする
  4. 保存を押す

という手順で設定できます。

 

すぐに現金払い対応・未対応を切り替えられるので、「試しに1度だけ、現金払いをやってみる」ということもできます。

Uber Eats 配達員が現金払い対応・未対応を使い分けるなら…

現金払いに対応する

  • ブーストの倍率が高い日
  • 少しでも多く稼ぎたい日
現金払いに対応しない

  • 雨の日

冒頭でも言いましたが、ブーストの倍率が高い日は、現金払いに対応する価値があります。

依頼が来る確率が底上げされ、回転率がグッと伸びるからです。

雨の日に配達をしたことは無いんですが、濡れた手でお金を触り、それを財布に入れる側(お客様)はあまり良い気がしないと思うんですよね。

 

まとめ|Uber Eats 配達員は現金払いも経験してみよう

  • 現金払いに対応すると、依頼が増えて売り上げも伸びる
  • 準備する金額は1万円弱から
  • ファスナーポーチとコインケースを併用する
  • 現金払い対応・未対応はアプリで設定可能
  • ブーストの倍率が高い日は現金払いに対応するのがおすすめ

というお話でした。

何度も言いますが、ブーストの倍率が高い日は現金払いにしておくと、回転率が上がって売り上げが伸びます。

硬貨が減ってきたら、アプリで『現金払い未対応』に切り替えるなど、自由度も高いので気軽に挑戦できますよ。

以上です。

おしまい

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA