お役立ち情報

【OculusQuest2】VRChatでアバターが勝手に動く問題を1分で直す方法

いーぐるです。

OculusQuest2(オキュラスクエスト2)でVRChatを遊んでいる時に、

  • 「アバターが勝手に歩き出してしまう…」
  • 「何もしていないのに後ろへ下がる・左右へ動いてしまう…」

という問題を改善する方法をお伝えします。

VRChatで話している最中にアバターが勝手に歩き出してしまうと、会話に集中できなくてイライラしますよね。

この問題は、SteamVRの『サムスティック設定の編集』という項目を調節するだけで改善できます。

詳しくは後述しますが、

『サムスティックのデッドゾーン』という項目の数値を引き上げることで、コントローラーのスティックが、ある程度倒れないと「移動」の判定にならないよう調節できます。

そうすることで、誤作動を防止して「勝手にアバターが動き出してしまう現象」を防止できます。

この記事ではコントローラーの誤作動を防止する方法について詳しくお伝えします。

※ちなみに『接点復活剤』を用いた方法も有名ですが、今回は不要ですのでご安心ください。

※記事で使用させていただくアバター

メープル(Maple)【オリジナル3Dモデル】 – +1 STORE. – BOOTH

 

【OculusQuest2】コントローラーの誤作動を防止する方法(接点復活剤は不要!)

さっそく設定方法をご案内します。

手順は簡単で、

  1. (VRChatと一緒に起動する)SteamVRを開く
  2. 『デバイス』→『コントローラ設定』を選択
  3. 『サムスティック設定を編集』を選択
  4. 『サムスティック設定のデッドゾーン』を引き上げる

だけですぐに反映されます。

画像を参考にして進めてみてください。

※VRChatを遊びながらでも設定できます!

 

1.(VRChatと一緒に起動する)SteamVRを開く

VRChatと一緒に起動するSteamVRを開いて、左上の三本線をクリックします。

(SteamVRだけ開いても、VRのヘッドセット・コントローラーが起動していないと、設定を編集できません。)

ヘッドセットが検出されているのを確認してから進めてください。

 

2.『デバイス』から『コントローラ設定』を選択

『デバイス』から『コントローラ設定』を選択します。

 

3.『サムスティック設定を編集』を選択

コントローラの項目にある、『サムスティック設定を編集』を選択します。

 

4.『サムスティック設定のデッドゾーン』を引き上げる

サムスティック設定の編集から、『サムスティックのデッドゾーン』を引き上げます。

初期設定では0%になっており、数値を引き上げることでコントローラー(アバターの操作感覚)が固くなります。

数値を変えるとすぐに反映されるので、VRChatで実際にアバターを操作してみて、丁度良い数値を調節してみると良いでしょう。

ちなみに僕は50%(最大値)に設定しました。

50%でも再び誤作動が起こるようであれば、

  1. Meta(Oculus)公式に相談
  2. 「接点復活剤」を試す
  3. 買い替え

としていくつもりです。

接点復活剤の使い方についてはこの動画が参考になります。

※接点復活剤の使用は自己責任で行ってください。

 

まとめ:OculusQuest2コントローラーの故障?「VRChatでアバターが勝手に動く問題」は1分で改善できる!

  1. (VRChatと一緒に起動する)SteamVRを開く
  2. 『デバイス』→『コントローラ設定』を選択
  3. 『サムスティック設定を編集』を選択
  4. 『サムスティック設定のデッドゾーン』を引き上げる

だけで簡単にコントローラーの誤作動を直すことができました。

これで「体が勝手にッ…!」という中二病みたいなセリフを言わずに済みますね。笑

お疲れ様でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA